妊娠中の薄毛は一時的でしょうか

妊娠初期に抜け毛がますます増えてしまい、ビックリするダイエッターは短くありません。
身体が変動するのは分かるのですか、一時的な商品なのか? ちょっと心配になりますよね。
要素と対策について、告知します。

 


妊娠中の薄毛の原因は?

妊娠中の抜け毛や薄毛は、個人差はありますが一般的な事例なので素適ではありませんから、特に少し不安はいりません。
とはいえ、根が毛量がわずかな太り気味の人の折は、髪の毛のボリュームが無くなりますし、きれいな体的な悩みも深刻になっちゃいますよね。

 

・ホルモンパランス

妊娠出産に伴い、太り気味の人の心身は多めに活発化して、ホルモンバランスが従来とは異なります。
妊娠になおさらプロゲステロンが優位のすばらしいとなり、毛髪の生育を促すエストロゲンが数が少ない様相となり、毛髪サイクルが狂って抜け毛が増えます。

 

・赤ちゃんへの栄養が優先

妊娠中の薄毛は一時的なのですか

妊娠中は、どうしても胎児へ栄養をまわす身体となっていますから、母体の頭皮への栄養は後回しになりがちです。


・間違ったヘアケアを治そう

妊娠中は新陳代謝が急展開で皮脂や汗も増えますが、肉体が辛くて洗髪がおざなりになったり、かゆみ・フケから炎症化したりして頭皮日常生活が損なわれなりがちです。
刺激の当然の洗浄成分も気持ちよくないし、洗いすぎもたびたびありません。

出産後には薄毛改善するの?

ホルモンの影響が大きい妊娠中の薄毛ですので、出産後半年くらいで一般的には自然に改善します。
ただしホルモンの影響だけでなく、さまざまな他の要因でこじらせた場合は、なかなか戻らないケースもあるので要注意です。

 

妊娠中は女性ホルモン(プロゲステロン)の過剰分泌により、毛髪サイクル(成長期・退行期・休止期)が乱れてしまいます。
ホルモンバランスが整えば、毛髪サイクルは整いますし、妊娠なんかの栄養不足も産後は回復するはずです。
ただし「産後の肥立ち」という言葉もあるように、出産後の方が育児で疲れてしまったり、ストレスで大変な状態になるケースもありますよね。
炎症化している場合は自然には治りませんし、皮膚科での治療が必要になることもあります。
産後の無理なダイエットも、薄毛の回復を妨げますので気を付けましょう。

妊娠・出産後の薄毛対策は?

ホルモンの影響は仕方ないとしても、頭皮にも届くような栄養補給や血行改善、十分な睡眠とストレス解消、正しいヘアケアなどで、妊娠中でも薄毛を悪化させない対策は可能です。

特に、刺激の少ないシャンプー剤での洗髪や頭皮マッサージなど試してみるのもオススメです。
髪の毛が抜ける時期だからこそ、頭皮環境を整えて産後に美髪を育てるチャンスと言えるのかもしれません!