女性の薄毛の原因は加齢?

太り気味の人の薄毛の理由は本当に歳のせいでしょうか?
男性は歳と揃って薄毛になり割り引き! とされています。
当然のことながら人も男性といったものほどではありませんが、加齢にともない髪が薄くなってきます。
という方の薄毛の秘密は、ホルモン優良の何てことが大きな関係していて、妊娠出産間や更年期などに支配されがちです。
更年期や閉経によって人ホルモン(エストロゲン)が減ってくる行動により、髪の毛の生成に影響が出ると言われています。
結果的に、太り気味の人も若い頃よりは加齢によって薄毛になりそうなのは、間違いありません。

 

一般的に、1日で約80本前後の髪の毛が自然の毛髪サイクルで抜け落ちていき、次の毛髪が開発していくとされています。
もっとも、過去によりも抜けている本数が充実していてなったり(120本ものだととか)、発毛する本数よりも抜け落ちる本数が圧倒的い度は、毛髪サイクルが狂ってしまった可能性があります。
自然な加齢による抜け毛だけでなく、新陳代謝不良やストレス、頭皮に上質でないヘアケア生活などで髪の毛が抜けやすくなったり、生えにくくなっていたりする事例も多量なのです。

アラフォー女子の薄毛ケア

多くの女性が、40才くらいから肌の衰えとともに、髪質にも変化などがあると口をそろえます。
・少しずつ髪の毛にクセやウネリがでてきて、まとまりにくくなった
・ツヤがなくなって、乾燥したような感覚で、パサパサしてきた
・ボリュームが減って、ヘアスタイルが決まらない
・1本ずつの毛髪が細くなって、コシがなくなった、立ち上がらずペタンとするようになった

 

気づかないうちに肌の潤いが減るのと同じ感覚で、髪の質も少しずつ変化して若い頃とは違ってくるのです。
髪質の変化とともに、抜け毛が増える人も多くいて、多数の女性たちが誰にも相談できず薄毛ケア対策の方法に悩んでいたりします。

20代からも薄毛予防は必要です

細くなる髪質の変化は、ホルモンバランスの変化とともに30代半ばくらいから少しずつ始まっています。
40代になり変化に気づく人が多いですが、女性の身体的なピークは20台前半までであり、実はゆっくりと髪も衰えています。
特にカラーやパーマで髪の毛や頭皮を痛めつけていたり、ストレスなどで頭皮の環境は悪化して、20代でも薄毛になる人もいます。
なにごとも早期対策がポイントですから、もしかして? と気づいた段階で、抜け毛予防・薄毛ケアにとの組むことが大切ですね。
早めに対策すれば、食い止められますし、薄毛の改善も美髪に戻すことも可能です。